鉄道機械

2017年9月21日 (木)

今でも現役#1(2017.9.21)

20170914akumoya1432

 それでは、今日の一枚は、鉄道機械、今日からはJR東日本長野車両センターからです。

 写真の車両は、黄色の塗色から分かるように、業務用車、クモヤ143-2です(写真)。種別は、牽引車です。

 なお、他社では非電化区間での電車牽引時に、ブレーキ読み替え装置として連結されることもあります。

20170914b

 反対側(写真)。明らかに業務用車です。

 しかし、牽引される電車も世代交代し、抵抗制御車も激減し、今後どうなるのでしょうか。

 それでは、次回をお楽しみに。

2017年9月19日 (火)

遺影(2017.9.19)

20170910audono

 それでは、今日の一枚は、鉄道機械、今回は紀勢本線鵜殿からです。

 かつて、紀州製紙の工場製品の輸送に鉄道が使用されていた頃、鵜殿では「鵜殿貨物」「紀勢貨物」という貨物列車が運転されていました。当初はDD51重連で運転され、一旦新宮に行き折り返し単機で鵜殿に入線という形になっていましたが、後に単機となり折り返しは廃止、直接鵜殿で受け渡しが行われるようになりました。

 当初は白いスイッチャーが鵜殿駅から専用線を牽いていましたが、末期に黄色の日車製DLに変わりました(写真)。編成が短いときは1往復、長いときは分割し2往復しました。

20170910b

 反対側エンド(写真)。機関は1台で、キャブは片側に寄っています。

 鵜殿貨物は、引きは50ミリ、押しては500ミリが最も有効に使える場所で、もっと撮りたかったのですが、高速道路網の整備、及び海上輸送により廃止となり、残念です。専用線も遺構となっています。

 それでは、次回をお楽しみに。

2017年9月13日 (水)

上場#4(2017.9.13)

20170909kumasensya

 それでは、今日の一枚は、鉄道機械、今回はJR九州熊本車両所最終回です。

 写真の機械は、門形洗車機、新幹線を白く保つ重要な機械です(写真)。

 通常の車両だと、洗車は週2回で薬洗は1回ですが、新幹線は基本毎日洗車します。薬洗の頻度は知りませんが、この頻度も高いはずです。

 新幹線のカラーリングは誰が思いついたか知りませんが、この機械が、日本の鉄道の象徴を美しく保っていると思うと、見る目が変わってきます。

 JR九州も、設立当初は赤字基調と見込まれていましたが、遂に東証1部に上場する優良企業になりました。社員の努力は如何ばかりか。

 それでは、次回をお楽しみに。

2017年9月12日 (火)

上場#3(2017.9.12)

20170908tower

 それでは、今日の一枚は、鉄道機械、今回もJR九州熊本からです。

 今回も先回と同じようですが、タワー車です(写真)。パンタグラフがありません。

 この車両は乗車体験が出来、子供達が喜んでいました。乗車体験は、アトラクションとしては正しいです。

 それでは、次回をお楽しみに。

2017年9月11日 (月)

上場#2(2017.9.11)

20170907ensen

 それでは、今日の一枚は、鉄道機械、今回も引き続きJR九州熊本車両所からです。

 今回の機械は、延線車、架線を交換する際に使用される作業車です。両端の巻き取り車から架線を伸ばし、中間に何両も入る車両で、だんだん間隔を広げ、延長していきます。

 やはり区別点はパンタグラフがあるかどうかで、それが高所作業車との区別点です。

 それでは、次回をお楽しみに。

2017年9月 8日 (金)

公営#5(2017.9.8)

20170905kentikugenkai

 それでは、今日の一枚は、鉄道機械、今回は都営三田線志村最終回です。

 写真の機械は、建築限界測定車です(写真)。国鉄なら「オイラン車」、JR東日本ならレーザー式のスヤ50ですが、常に確認が必要な地下鉄では、他社も大体この形です。

 なお、建築限界内にあっても良い構築物は、ホームと架線のみで、他のものは一切禁止です。安全運転には、必要な装備です。

 それでは、次回をお楽しみに。

2017年9月 7日 (木)

公営#4(2017.9.7)

20170904koutikutenken

 それでは、今日の一枚は、鉄道機械、今回も都営三田線志村からです。

 写真の機械は、「構築点検車」です(写真)。地下鉄は下のみならず上もあるので、その構築の点検のため、恐らく打音等で確認するための作業車両です。

 これは、地下鉄ならではの車両です。通常の鉄道では、連続的に点検する必要が無いからです。軌間はともかく地下鉄でしか見られない車両があるのも、地下鉄のイベントならではでしょう。

 それでは、次回をお楽しみに。

2017年9月 6日 (水)

公営#3(2017.9.6)

20170903motor

 それでは、今日の一枚は、鉄道機械、今回も都営三田線志村からです。

 写真の機械はモーターカー、保線用のクレーン付きの一般的なもの、15tクラスでしょうか(写真)。通常の鉄道であればレールやバラスト用のトロを従え輸送する車両です。

 三田線にバラスト軌道があったかどうか記憶がありませんが、レールはありますから欠かせない1両です。今夜も保線に使われるのでしょうか。

 それでは、次回をお楽しみに。

2017年9月 5日 (火)

公営#2(2017.9.5)

20170902denkihosyu

 それでは、今日の一枚は、鉄道機械、今回も都営三田線志村からです。

 写真は自走軌道車両の、電気保守車両(写真)。作業台が上がり、天井等の架線を保守するため、側方にも張り出すことが出来ます。

 営団への対抗心か、鋼体化架線は使用しない都営地下鉄、こういう機械はより重要です。軌陸車にも出来ず、軌道を自走する車両となります。

 それでは、次回をお楽しみに。

2017年9月 4日 (月)

公営#1(2017.9.4)

20170901toei

 それでは、今日の一枚は、鉄道機械、今回からは東京都交通局志村からです。

 写真の車両は、軌陸車、都電用のタワー車です(写真)。「業務用車のベンツ」とも言われる、ドイツ製のウニモグで、他に持っているのはJR本州3社位で、それほど立派な機械です。

 志村は都営三田線の基地で、三田線では軌陸車は使いませんが、それだけ都電に力を入れていると言うべきか。都電廃止は、愚かな政策であったことが分かります。

 それでは、次回をお楽しみに。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー