« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »

2017年7月

2017年7月31日 (月)

Sheild#6(2017.7.31)

20170731kousyosagyou

 それでは、今日の一枚は、鉄道機械、今日も名古屋市交通局日進工場です。

 写真の機械は、無動力の高所作業車です(写真)。モーターカー等の動力のある車両に牽引され、パンタグラフ状の支柱を伸ばして作業します。

 鶴舞線も鋼体化架線で、屋根上の作業が必要です。動力ありの車両と共に、欠かせない車両です。

 それでは、次回をお楽しみに。

2017年7月30日 (日)

Sheild#5(2017.7.30)

20170730sansuisenjo

 それでは、今日の一枚は、鉄道機械、今日も名古屋市日進工場です。

 写真の機械は、無動力のタンク車、散水洗浄車です(写真)。スラブ軌道の区間の、軌道敷きの洗浄のため、散水し流すものです。

 バラスト軌道の区間では使えませんが、同様の機械は、名古屋市の他の路線にもあるようです。名港工場でも見たことがあります。

 それでは、次回をお楽しみに。

2017年7月29日 (土)

Sheild#4(2017.7.29)

20170729tower

 それでは、今日の一枚は、鉄道機械、今日も名古屋市交通局日進工場からです。

 今日の機械は、内燃機付きのタワー車、軌道車両です(写真)。地下鉄には踏切が無く、軌陸車では無いのは当然です。

 これは完全に日本製、特許技術はそれほどありません。そこは、安心です。

 それでは、次回をお楽しみに。

2017年7月28日 (金)

Sheild#3(2017.7.28)

20170728kidoukensoku

 それでは、今日の一枚は、鉄道機械、今日も名古屋市交通局日進工場(日進市)からです。

 写真の機械は、車体の前方に低い検測用の装置を備えた、内燃式の軌道検測車です(写真)。こういった機械で、国産のものは、自社設計出来るJR規模の会社を除くと、ほぼ皆無です。これも、その例外に漏れず、輸入機械です。

 世界のレベルなら、同規格で量産もあるのでしょうが、国産で統一規格で、というのは、なかなか出来ないようです。JRや首都圏私鉄の例からも、技術が無い訳ではないので、量産化すればそこそこ商売が見えてきそうなものですが、どうなのでしょうか。

 それでは、次回をお楽しみに。

2017年7月27日 (木)

Sheild#2(2017.7.27)

20170727

 それでは、今日の一枚は、鉄道機械、今回も名古屋市交通局日進工場からです。

 線路上に展示されるのは、保線用モーターカー(写真)。15t級のようです。これは、国産でしょう。

 一般的なものは、地下用でもほぼ同じです。ただ、トンネル内は騒音対策を相当気にするようで、このレベルでは普通ですが、やはり難しいようです。

 それでは、次回をお楽しみに。

2017年7月26日 (水)

Shield#1(2017.7.26)

20170726

 それでは、今日の一枚は、鉄道機械、今日からは名古屋市交通局日進工場からです。

 写真の機械は、DE10タイプのディーゼル機関車、DD351です(写真)。イメージはDE11 1900番代、足回りから上まで騒音防止対策が採られています。

 色以外は、DE11そっくりさんで、本当にそんな感じです。本線上で甲種輸送もやれば面白いですが、多分無理でしょう。

 それでは、次回をお楽しみに。

2017年7月25日 (火)

The Local#4(2017.7.25)

20170724

 それでは、今日の一枚は、鉄道機械、今回は常陸大子最終回です。

 写真は、「マジックボーイ」、高所作業車です(写真)。荷台が持ち上がり、高所での作業が出来る機械、軌陸車です。水戸から出張しています。

 水郡線に架線はありませんが、トンネル上部など、連続的に高所での作業が必要なときに用いられるのでしょう。信号線も装柱されるものがあり、必要な一台です。

 それでは、次回をお楽しみに。

2017年7月13日 (木)

The Local#3(2017.7.13)

20170713

 それでは、今日の一枚は、鉄道機械、今日も水郡線常陸大子からです。

 写真の機械は、各社が何台も持つ「プラッサーマルタイ」で、これはJRでは無く「東鉄工業」の所有機です(写真)。JR東日本各地にあります。

 特許技術が多く、他社には手が出ない技術なのでしょう。ライセンスするにも市場が限られ、それほどの数が見込めず、それさえも無いのか。日本人でもダルマのようです。

 それでは、次回をお楽しみに。

2017年7月12日 (水)

The Local#2(2017.7.12)

20170712

 それでは、今日の一枚は、鉄道機械、今日も常陸大子からです。

 写真は2軸の乗り物、209系と言うよりE501系でしょう(写真)。色違いながら同様の乗り物が、JR東日本各地で用意されています。

 これも、典型的な乗り物です。乗車体験は、やはり記憶に残ります。今も、走るでしょうか。

 それでは、次回をお楽しみに。

2017年7月11日 (火)

The Local#1(2017.7.11)

20170711

 それでは、今日の一枚は、鉄道機械、今日からは常陸大子のイベントからです。

 水郡線の心臓部、水郡線営業所のある常陸大子のイベントでは、ささやかながら展示があります。写真は、レールスター試乗体験です(写真)。雨天用に屋根もあります。

 やはり、「乗る」というのは大きいと思います。本線上は無理ですが、こんなところで乗れれば良いのでは?

 それでは、次回をお楽しみに。

2017年7月10日 (月)

4度目のイベント#4(2017.7.10)

20170710

 それでは、今日の一枚は、鉄道機械、今日は西武鉄道保谷最終回です。

 写真は、ダンプトロです(写真)。バラストを積み、目的の場所で傾けて降ろす、そういう貨車相当のトロです。多くの鉄道会社が使う用具です。

 ただ、西武は黄色では無く、自社コーポレートカラーで装い、統一しています。それは、西武らしいと言うべきか。

 それでは、次回をお楽しみに。

2017年7月 9日 (日)

4度目のイベント#3(2017.7.9)

20170709seibumotor

 それでは、今日の一枚は、鉄道機械、今回も西武鉄道保谷からです。

 写真は大型のモーターカー、20t級でしょうか(写真)。クレーンを上に渡した、大型のものです。おそらく日本製です。

 この位は国産で無いと、日本の技術が疑われます。今夜も頑張って欲しいです。

 それでは、次回をお楽しみに。

2017年7月 8日 (土)

4度目のイベント#2(2017.7.8)

20170708sougoukennsokuem120

 それでは、今日の一枚は、鉄道機械、今日も西武鉄道保谷からです。

 写真の機械は、西武のご自慢、総合検測車、EM120です(写真)。「プラッサーマルタイ」と同じ会社の製造、軌道、架線、等々の検測が行えるようです。

 東急も、小田急も、京王も持っている検測車、西武はオーストリアからの輸入で答えを出しました。プライドとも言えます。

 それでは、次回をお楽しみに。

2017年7月 7日 (金)

4度目のイベント#1(2017.7.7)

20170707seibutowerkiriku

 それでは、今日の一枚は、鉄道機械、今回からは西武保谷からです。

 西武は、初夏に武蔵丘、晩夏に南入曽、秋に横瀬でイベントを行いますが、この年は冬に西東京市保谷で開催され、年に4度のイベントを行いました。中には、「武蔵野鉄道」創業期のSL、旧式ELが保存されており、工場機能を無くし電留線となっている同施設の、工場時代を彷彿とさせるイベントでした。

 写真は、電留線で走行する、軌陸車のタワー車、高所作業用の車両です(写真)。5,6人乗りの貨客両用車、荷台に機器を搭載します。

 なかなか保線機械も展示スペースが無く、大きく出せる機会でした。

 それでは、次回をお楽しみに。

2017年7月 6日 (木)

従前#4(2017.7.6)

20170706tobudenkikensoku3

 それでは、今日の一枚は、鉄道機械、今日は東武南栗橋最終回です。

 これは、50000系以降の導入でしょう、電気検測車3号です(写真)。白地にオレンジが、東武の新カラーとなっています。

 例年線路上はマルタイかレール削正車で、これはとても魅力的ですが、これら軌陸車の線路上の運転も、見たい気はします。場所的に南側しか無く、困難ではありますが。

 それでは、次回をお楽しみに。

2017年7月 5日 (水)

従前#3(2017.7.5)

20170705tobudenkikensoku1

 それでは、今日の一枚は、鉄道機械、今日も東武南栗橋からです。

 何度か見た気がしますが、軌陸車の電気検測車、貨客両用車です(写真)。荷台に、装置が装備されます。

 東武は、踏切が多いからか、軌陸車が多い会社です。勿論、総延長では私鉄2位ですから、全体数も多いですが。着席体験以外でも、見せるところがあると良いのでは?

 それでは、次回をお楽しみに。

2017年7月 4日 (火)

従前#2(2017.7.4)

20170704tobusweeper

 それでは、今日の一枚は、鉄道機械、今回も引き続き東武南栗橋からです。

 マルタイの後は、バラストスイーパー、マルタイで飛散したバラストを整理する機械です(写真)。JR同様に黄色に塗られ、マルタイともお揃いです。

 夜間の安全作業のため、警戒色の黄色は多いですが、スイッチマルタイ入線後も同機を使用するのか。興味があります。

 それでは、次回をお楽しみに。

2017年7月 3日 (月)

従前#1(2017.7.3)

20170701tobumarutie

 それでは、今日の一枚は、鉄道機械、今日は東武南栗橋からです。

 現在は、ポイント部分も突き固め可能なスイッチマルタイを使用する東武、従前はこれ、いわゆる「プラッサーマルタイ」を使用していました(写真)。動作実演も、これでした。

 新型が導入され、この機械はどこかに払い下げか。ならば、どこの鉄道会社が譲受したのでしょうか。興味ありますが、調べる伝はありません。

 それでは、次回をお楽しみに。

2017年7月 2日 (日)

散水(2017.7.2)

20170630hitachinakatank

 それでは、今日の一枚は、鉄道機械、今日はひたちなか海浜鉄道那珂湊からです。

 以前取り上げたモーターカーが、タンクを積んだトロを従えています(写真)。散水用のタンクと思われますが、撒くのは水か、除草剤か。保線に必要な液体を撒くための車両です。

 こういう車両は、台車に装置を載せる、いわば自作車両です。他社に無い車両を、造ることが出来ます。

 それでは、次回をお楽しみに。

2017年7月 1日 (土)

不定期路線#6(2017.7.1)

20170629nagoyashitoro

 それでは、今日の一枚は、鉄道機械、今日は名古屋港最終回です。

 名古屋東臨港線名古屋港駅近くにある、名古屋市営地下鉄名城線名港工場、今日はダンプトロです(写真)。名城線、名港線も一部バラスト道床があり、バラスト運搬のためのトロです。

 「貨物時刻表」で、行くべき時間は分かります。機会があれば、是非行かれることをお薦めします。

 それでは、次回をお楽しみに。

« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »