« 2017年4月 | トップページ

2017年5月

2017年5月23日 (火)

記念イベント#3(2017.5.23)

20170523kanagawarinkaitoplifter

 それでは、今日の一枚は、鉄道機械、今日も神奈川臨海鉄道イベントからです。

 写真の大型コンテナを吊っているのは、トップリフター、大型コンテナ用の機械です(写真)。海洋コンテナをトレーラーに載せる実演をしています。

 やはり鉄道貨物でも海洋コンテナ運搬の必要性は高まり、従前のコンテナと兼用のコンテナ貨車、コキ110形やコキ200形が製造され、それに対応した機械も多数用意されます。JRコンテナも5tのみならず10t等のコンテナが多数あり、選択肢を多くしています。貨物駅には、多種多様なコンテナが留置されます。

 それでは、次回をお楽しみに。

2017年5月22日 (月)

記念イベント#2(2017.5.22)

20170522kanagawarinkaifolk

 それでは、今日の一枚は、鉄道機械、今日も神奈川臨海鉄道イベントからです。

 今日の機械は、フォークリフト、国鉄・JR5tコンテナ用のものです(写真)。荷重を支えられるよう大型のフォークリフトです。

 国際サイズではありませんが、国内の基準となったコンテナで、国内では統一的に使用されるものです。標準化は、物流の発展にも役立つものです。

 それでは、次回をお楽しみに。

2017年5月21日 (日)

記念イベント#1(2017.5.21)

20170521kanagawarinkaiant

 それでは、今日の一枚は、鉄道機械、今日から神奈川臨海鉄道のイベントからです。

 写真の機械はアント(写真)、牽引車です。運転席に屋根の無い、屋内用のものです。

 機関車や貨車の整備には、欠かせない機械です。こういう形で見られるのは、良いことです。

 それでは、次回をお楽しみに。

2017年5月20日 (土)

もうすぐ季節です#3(2017.5.20)

20170520denki

 それでは、今日の一枚は、鉄道機械、今回も引き続きJR大宮からです。

 写真の機械は、軌陸車の電機レスキュー車、架線等の電気系トラブル対応用の機械です(写真)。トラブル時に応急措置をするのが仕事、架線の部分交換や絶縁被覆、他各種装備を備えています。

 あまり役に立っては欲しくありませんが、備えが無ければいざというときに何も出来ません。やはり必要な機械です。

 それでは、次回をお楽しみに。

2017年5月19日 (金)

もうすぐ季節です#2(2017.5.19)

20170519kirikutower

 それでは、今日の一枚は、鉄道機械、今日も引き続きJR大宮からです。

 高架下では、保線機械が展示されます。軌陸車のタワー車が、子供を載せ作業台を高く上げています(写真)。見てのとおり、かなりの高さです。

 大人は乗せて貰えないかも知れませんが、一見の価値があります。今年も、期待されます。

 それでは、次回をお楽しみに。

2017年5月18日 (木)

もうすぐ季節です#1(2017.5.18)

20170518rinjikusenyoufolk

 それでは、今日の一枚は、鉄道機械、今日からはJR大宮からです。

 写真の機械は、フォークリフトですが、少し違う(写真)。これは、輪軸専用のフォークリフトです。車両工場専用の、専用アタッチメントを装備する特殊なフォークリフト、他の工場でも見かけたことはありません。特注品と思われます。

 間もなく大宮のイベントも開催で、いよいよ春イベントの気分が盛り上がってきます。梅雨の一休みまで、もう少しです。

 それでは、次回をお楽しみに。

2017年5月17日 (水)

北陸道#6(2017.5.17)

20170517dl1

 それでは、今日の一枚は、鉄道機械、北陸編最終回です。

 富山地鉄本線終点は、宇奈月温泉で、夏期は黒部峡谷鉄道の接続駅です。その、ホームから見えた、機械(写真)。ボンネットバス型の職員移動用の機械、DL1と書かれます。保線職員の移動用の機械です。

 これは、久しぶりに珍しい機械です。同形は現在ほとんど見かけず、貴重です。今夜も役に立っていると思います。

 それでは、次回をお楽しみに。

2017年5月16日 (火)

北陸道#5(2017.5.16)

20170516motor

 それでは、今日の一枚は、鉄道機械、今日は富山地鉄上市からです。

 上市の側線に停まる、モーターカー(写真)。5t級と思われますが、除雪用のラッセルヘッドを装備し、一方はロータリー、除雪する姿となっています。

 雪国の機械は、およそ対応していなければならないものです。当然といえば当然です。

 それでは、次回をお楽しみに。

2017年5月15日 (月)

北陸道#4(2017.5.15)

20170515de103513

 それでは、今日の一枚は、鉄道機械、今日は北陸、富山県高岡からです。

 高岡駅南側にはピットがあり、JR貨物のDE10が運用可能になっています。その1両、DE10 3513です(写真)。DE15編入機です。

 DE10も製造から時間が経ち、状態の良い機を探すのに、DE15に目をつけたのは正解でした。HD300が本格生産となる前に、もうちょっとです。

 それでは、次回をお楽しみに。

2017年5月14日 (日)

北陸道#3(2017.5.14)

20170514teki3

 それでは、今日の一枚は、鉄道機械、今回も北陸からです。

 福井鉄道福武線北府(旧称「西武生」)には、福井鉄道の車庫があり、現役や引退の各種車両が並びます。その中に並ぶのは、凸型の電機、テキ3です(写真)。先日のテキ11とは違い、最初から電機として落成した機関車です。

 しかし、貨物列車が無くなると、電機の出番は工臨か保線くらいしか無く、運用が減り、出番が無くなっていきます。同機は、今後どうなるのでしょうか。心配です。

 それでは、次回をお楽しみに。

2017年5月13日 (土)

北陸道#2(2017.5.13)

20170513motortoro

 それでは、今日の一枚は、鉄道機械、今日も北陸からです。

 越美北線と北陸本線が合流する越前花堂と、福井の間、南福井貨物駅近くに、写真のようなトロを従えた、モーターカーが停まります(写真)。通常の保線用のものです。

 やや大型のため、他用途には使わないのでしょう、運転台付きのトロと固定編成になっています。その機械に合った使用法で使用されます。

 それでは、次回をお楽しみに。

2017年5月12日 (金)

北陸道#1(2017.5.12)

20170512301

 それでは、今日の一枚は、鉄道機械、越美北線越前大野からです。

 写真の機械は、越前大野の側線に停まる、「301」と書かれたモーターカーです(写真)。信号柱など上部構造物を中心に使用する機械のようですが、下部には取り外し可能なスノープラウも装備し、除雪にも使用可能なようです。

 保線のための機械でも、地域により必要な機能が異なり、付属パーツから異なってきます。地域性ですね。

 それでは、次回をお楽しみに。

2017年5月11日 (木)

元は貨車です(2017.5.11)

20170511ateki11

 それでは、今日の一枚は、鉄道機械、今日は福井鉄道からです。

 「赤十字前」か、軌道線から鉄道線に切り替わる場所に、側線があり、昔から車両の留置に使用されてきました。そこに留置される、テキ11(写真)。元は電動貨車であったものを、電気機関車にしたものです。

 昔、中を見たことがありますが、半鋼製の有蓋車の荷室に、所狭しと抵抗器と制御装置が積まれ、なかなか壮観です。

20170511b

 反対側(写真)。旋回窓は雪国ならでは、スノープラウも装備し、除雪用となっています。

 特殊な車両は、注目です。こういうものを撮っておかないと、無くなってから後悔します。

 それでは、次回をお楽しみに。

2017年5月10日 (水)

北の国から#3(2017.5.10)

20170510kirikutower

 それでは、今日の一枚は、鉄道機械、今回も北海道ネタです。

 北海道新幹線開業前、沿線では多様な機械が出ていました。本州側と思われますが、軌陸車の、タワー車です(写真)。後で、新幹線工事を行っています。

 現在の新函館北斗から、今後札幌まで延長する計画ですが、札幌駅の構造がまだ未定だったり(明らかな設計ミス)で、JR北海道の経営状態もあり、微妙な面もあります。本当に、どうなるのでしょうか。

 それでは、次回をお楽しみに。

2017年5月 9日 (火)

北の国から#2(2017.5.9)

20170509de101721

 それでは、今日の一枚は、鉄道機械、今日も北海道ネタです。

 札幌行き特急が間もなく終点となる頃、南側には札幌貨物ターミナルが広がります。そこにも入換機があり、これも「サツマイモ」、DE10 1721です(写真)。他の「サツマイモ」同様本線走行機能を撤去しています。

 札幌貨物ターミナルも、HD-300の耐寒試験に実際使用され、量産機に反映されています。今後増備が見込まれ、そのうちに無くなってしまうかも知れません。今のうちに撮っておきましょう。

 それでは、次回をお楽しみに。

2017年5月 8日 (月)

北の国から#1(2017.5.8)

20170508tokachide101541

 それでは、今日の一枚は、鉄道機械、今日は十勝鉄道(廃止)からです。

 帯広から札幌方面に向かうと、北側に十勝鉄道の貨物駅跡が広がり、その中に入換用の機関車、DE10 1541のナンバーと、十勝鉄道の社紋が外された機関車が停まります(写真)。廃止間もない頃で、処分保留で留置されていました。

 しかし、後に同機は他社で復活を遂げ、現在も現役と聞きます。運が良い。

 それでは、次回をお楽しみに。

2017年5月 1日 (月)

New Deal(2017.5.1)

20170501miyadu

 それでは、今日の一枚は、鉄道機械、今日は北近畿タンゴ鉄道(現「京都丹後鉄道」)からです。

 中心駅、宮津には、保線機械があり、西側にその車庫が見えています(写真)。バラスト用トロを牽いたモーターカー、除雪用ではありません。

 第三セクターでそこそこやっていたものの、高速料金値下げで一気に経営が悪化、苦しいところバス会社がその経営を引き継ぎ、心機一転、再スタートを切りました。高速の値引きも終わったので、ここで一気に立て直って欲しいですね。

 それでは、次回をお楽しみに。

« 2017年4月 | トップページ