« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年2月

2017年2月28日 (火)

点検#1(2017.2.28)

20170228tunnel

 それでは、今日の一枚は、鉄道機械、今日も「碓氷峠鉄道文化むら」からです。

 園地の隅に展示される、小さな装輪式の車両(写真)。大人1,2人がギリギリ入れる大きさ、雰囲気は大人用レースカートです。これは、「トンネル点検車」なる車両で、主として新幹線トンネル工事の際に、トンネル工事の点検に使用された車両とのこと。部分断面当時にはこのサイズである必要があります。

 本当に、カートかゴーカートか、小さな断面の車両で、窮屈ですが、必要があってこの大きさであり、やむを得ません。確かに、入るだけで一苦労です。

 それでは、次回をお楽しみに。

2017年2月27日 (月)

脇役(2017.2.27)

20170227

 それでは、今日の一枚は、鉄道機械、今日も「碓氷峠鉄道文化むら」からです。

 旧横川機関区(廃止)矩形修繕庫の奥の建屋には、アプト時代の機関車ED42 1があり、その線路の奥には、写真のモーターカーが(写真)。外側に出る線は無く、これも静態保存と思われます。

 片側ボンネット、片側折り畳み式クレーンと、5ないし10t級のモーターカーですが、静態で残るとは珍しい。運が良いと思います。

 それでは、次回をお楽しみに。

2017年2月26日 (日)

遊具か業務用か(2017.2.26)

20170226kiya2111

 それでは、今日の一枚は、鉄道機械、今日も「碓氷峠鉄道文化むら」からです。

 写真の機械は、「キヤ211-1」と書かれた機械、足回りから想像すると、原付軌道自転車に屋根を被せたものと思われます。雰囲気は遊具のようでもあります。

 保線は、寒い日にもやりますから、こういったものが欲しいのでしょう。でも、子供の遊具のようでもあり、ユーモアがあると言うべきか。でも、211系より209系のような雰囲気です。

 それでは、次回をお楽しみに。

2017年2月25日 (土)

自走式(2017.2.25)

20170225so300

 それでは、今日の一枚は、鉄道機械、今日も「碓氷峠鉄道文化むら」からです。

 写真の機械は、ソ300、操重車です(写真)。自走式の橋梁建設機械、橋桁等を吊る機械と思われます。老朽化で廃車、現在展示されます。

 このような珍しい機械が展示されており、やはり興味の尽きない場所です。碓氷峠ネタ以外も多いので、楽しい場所と思います。

 それでは、次回をお楽しみに。

2017年2月24日 (金)

Automatic(2017.2.24)

20170224ga100

 それでは、今日の一枚は、鉄道機械、今日は横川の「碓氷峠鉄道文化むら」からです。

 写真の車両は、新幹線の点検車、GA-100という形式名があるそうです(写真)。新幹線の本線上をATOで走り、作業後に異常がないか点検する車両です。ATOですので、異常がない限り自動運転です。

 新幹線は、0時から6時の間に作業を行わなければなりません。その完了を確認する車両でもあり、重要な役割を果たす車両です。

 それでは、次回をお楽しみに。

2017年2月23日 (木)

貨車(2017.2.23)

20170223dewa1

 それでは、今日の一枚は、鉄道機械、今日は静岡鉄道です。

 静岡鉄道の車庫の片隅に保存される、電動貨車(写真)。バンパーとフックで連結器も旧式ですが、これはデワ1という初期の車両です。

 一昔前なら、白と赤のツートンの旧式電車もありましたが、既に亡く、営業電車も更に一世代進化しつつあります。この変化と、変わらないもの、それを見つめていきたいと思います。

 それでは、次回をお楽しみに。

2017年2月22日 (水)

余生(2017.2.22)

2017022272

 それでは、今日の一枚は、鉄道機械、今回は京阪電鉄寝屋川からです。

 写真は、72と書かれた青と白の電車です(写真)。おそらく車籍は無く、本線上は走行出来ません。現在は、場内の牽引車として使用されているものと思われます。

 現役を引退して、もうどの位になるのでしょう、京阪ファンに聞かねば分かりませんが、その後も牽引車として余生を過ごせるのは、運が良かったと言うべきでしょう。今後も、頑張って欲しいです。

 それでは、次回をお楽しみに。

2017年2月21日 (火)

動力(2017.2.21)

20170221

 それでは、今日の一枚は、鉄道機械、今回は可部線(部分廃止)加計駅跡からです。

 写真の機械は、広島色のキハ28 2394を牽引する、蒲原鉄道(廃止)由来の枕木交換機だそうです(写真)。数十メートル残された本線を、牽引し走るものと思われます。

 可部線も、陰陽連絡線の1つ「広浜線」として建設されるも、夢破れ、非電化区間が全廃、しかし一駅間復活とのニュースもあり、近々乗りに行きたいなあ、と思います。その際に訪問するのは難しいですが、できればこちらも行きたいですね。しかし、まだスキーが出来るほど雪深いでしょう。

 それでは、次回をお楽しみに。

2017年2月20日 (月)

記念館(2017.2.20)

20170220_2

 それでは、今日の一枚は、鉄道機械、今回は鳥取県倉吉市「倉吉線記念館」からです。

 倉吉市は、中心街と倉吉駅が離れており、中心街に線路を引きたいのは誰も同じ。そのため、倉吉線が建設されましたが、道路網の発達で廃止、記念館のみ残ります。屋外にはC12、建屋には5t級のモーターカーが保存されます(写真)。小入換に使用されたものと思われます。

 このようなモーターカーが保存されることは多くなく、あそことあそこ、と、数えるほどです。この小さな力持ちに、もう少し注意を払っていきたいと思います。

 それでは、次回をお楽しみに。

2017年2月19日 (日)

文明開化#3(2017.2.19)

20170219takatorijoukihammer

 それでは、今日の一枚は、鉄道機械、今回は「明治村」最終回です、

 写真は、鷹取工場で使用されていた、「蒸気槌」です(写真)。則ち蒸気動力のハンマーです。門形の支柱の中心にある槌が、平面にあるものを叩きます。

 それまで人力で行っていたことが、蒸気や内燃機関といった機力で行われるようになったことが、「産業革命」です。19世紀末に日本はそれを迎え、このような機材を造ってきました。想像を絶するパワーであり、正に文明開化であった気がします。

 それでは、次回をお楽しみに。

2017年2月18日 (土)

文明開化#2(2017.2.18)

20170218tannahamamatsucp

 それでは、今日の一枚は、鉄道機械、今回も明治村からです。

 今日の機械はコンプレッサー、丹那トンネル工事に使用され、完成後浜松工場にて使用されたものです(写真)。モーターは後に国産のものに交換されていますが、機械本体はオリジナルのままです。

 やはり、「明治村」という施設が無ければ、単なるスクラップとして処分されたであろうものです。「産業遺産」、もっと早く気付くべきでした。

 それでは、次回をお楽しみに。

2017年2月17日 (金)

文明開化#1(2017.2.17)

20170217josyakeninsatsuki_2

 それでは、今日の一枚は、鉄道機械、今日からは「明治村」からです。

 明治村内の、鉄道省新橋工場機械館の内部は、明治期の機械が展示されます。特に、明治期は「陸蒸気」すなわち鉄道の整備された時期であり、鉄道関連で旋盤、ボール盤等が展示されています。

 写真の機械は、乗車券印刷機です(写真)。明治期に日本国内で日本人が製造した印刷機で、当時は独占販売であったそうです。いわゆる「硬券」の印刷が出来ました。

 こんな感じで、明治期の建物のみならず、鉄道機械も多数保存され、とても楽しい場所です。機会があれば、ぜひどうぞ。

 それでは、次回をお楽しみに。

2017年2月16日 (木)

特殊な軌道(2017.2.16)

20170216

 それでは、今日の一枚は、鉄道機械、今日は「リニモ」車両基地からです。

 洗車体験の時に、前方から見えた、保線用機械(写真)。点検車、リニモの特殊な軌道用の専用機械です。

 常伝導で、軌道下部の磁力で浮上し走行するリニモは、実用化されたリニアモーターカーです。国内でも未だ唯一ですが、今まで無人運転でも事故が無く、とても素晴らしい乗り物です。万博以来乗っていないのなら、是非再度利用されると良いと思います。

 それでは、次回をお楽しみに。

2017年2月15日 (水)

やはり特別(2017.2.15)

20170215

 それでは、今日の一枚は、鉄道機械、今日はJR東海高山本線美濃太田からです。

 写真のモーターカーは、バラスト運搬貨車を棒連結器で牽いています(写真)。それだけなら普通ですが、注目はその前方に当たる右側です。おそらくバラスト交換用の装置が装備され、自動的に行うのでしょう。

 一見普通でも、やはりJR東海は、日本初が好きです。側面には”KOMATSU”と書かれた国産の機械ですが、ひと味も、ふた味も違うんですよ。そういう会社なのだと、納得します。

 それでは、次回をお楽しみに。

2017年2月14日 (火)

普通のもあります(2017.2.14)

20170214

 それでは、今日の一枚は、鉄道機械、今回はJR東海武豊線です。

 東浦駅構内の側線に停まる、保線モーターカー(写真)。5t級か10t級の小型のモーターカー、棒連結器で繋がれたトロで、PC枕木を輸送する様子です。

 取り敢えず電化は完成した武豊線、JR東海では初の快挙です。後は旧来の枕木を、ということなのでしょうが、今後速度向上を考えるなら、やはり必要な施策です。地道に一本一本ですが、確実に整備して欲しいですね。

 それでは、次回をお楽しみに。

2017年2月13日 (月)

ところ変われば#4(2017.2.13)

20170213

 それでは、今日の一枚は、鉄道機械、今日も名鉄からです。

 昨日に引き続き、今日も尾西線苅安賀から、側線に停まるモーターカー(写真)。これも「MJK」、則ち松山重車両工業製のモーターカーで、代表的なものです。

 国鉄改革が原因で、車両から手を引いた会社も多い中、未だ製造出来るのは、やはり技術力か。市場の大きさは知れていますが、そんな中でも造り続けて欲しいですね。

 それでは、次回をお楽しみに。

2017年2月12日 (日)

ところ変われば#3(2017.2.12)

20170212

 それでは、今日の一枚は、鉄道機械、今回も名鉄からです。

 名鉄尾西線、高架が始まる苅安賀でしょう、側線に停まるモーターカー(写真)。松山重車両工業製のものです。クレーンが屋根を渡り装備されます。後方には、トロが棒連結器で連結されます。

 これは、一般的な保線モーターカーで、こういう普通の機械も名鉄は使っています。軽トラは、例外的です。

 それでは、次回をお楽しみに。

2017年2月11日 (土)

ところ変われば#2(2017.2.11)

20170211

 それでは、今日の一枚は、鉄道機械、今日も名鉄富貴からです。

 写真の機械は、どうみても軽トラ、棒連結器でトロに繋がれ、資材を運べるようになっています。車輪は平らですが、車には普通デフ(ディファレンシャル)があるので、カーブでも曲がれます。

 名鉄には、同様の軽トラ改造車両が何両かあり、今はあまり見かけませんが、以前は多かったです。改造は、簡単です。

 それでは、次回をお楽しみに。

2017年2月10日 (金)

ところ変われば#1(2017.2.10)

20170210

 それでは、今日の一枚は、鉄道機械、今回は名鉄からです。

 名鉄河和線から知多新線が分岐する、富貴近くの側線に、停まる機械(写真)。マルタイ等にしては小さく、大きさと機能から、枕木交換装置と思われます。

 路線延長第3位まで転落しましたが、総延長はかなりある名鉄、このような機械を所有していてもおかしくはなく、ただ何故末端に近い富貴なのかという疑問はありますが、ありがちな機械ではあります。しかし、あまり宣伝もしないので、目に付く機会も少なく、勿体ない気はします。

 それでは、次回をお楽しみに。

2017年2月 9日 (木)

過去の記憶#2(2017.2.9)

20170209

 それでは、今日の一枚は、鉄道機械、今日も宮之城線(廃止)薩摩永野からです。

 写真の機械は、保線用モーターカーです(写真)。大きさから5t級と思われます。

 廃線後も、ここに鉄道があった、という痕跡を、ここに残しています。国鉄改革の中廃止となり、残念なことですが、せめてこれらの車両が永く残るよう願うのみです。

 それでは、次回をお楽しみに。

2017年2月 8日 (水)

過去の記憶#1(2017.2.8)

20170208

 それでは、今日の一枚は、鉄道機械、国鉄宮之城線(廃止)薩摩永野からお届けします。

 写真の機械は、手前から原付軌道自転車、移動用モーターカー、そして保線機械(不明)です(写真)。解説も付いているのに、失念しました。

 同駅は駅舎も残り、鉄道では行けませんが、バス停兼公園になっています。

 次回は、もう1台の機械をお届けしたいと思います。

 それでは、次回をお楽しみに。

2017年2月 7日 (火)

牽く#3(2017.2.7)

20170207

 それでは、今日の一枚は、鉄道機械、今日は西武武蔵ヶ丘最終回です。

 写真の機械はアント、昨日のアントよりは小さく、枕木方向への移動が出来ない屋内用のものです。そのため、屋根は簡易なビニールクロスとなっています。連結器は切り替え式、更に高さ調節も可能となっています。

 牽引車三態、こんな感じです。それぞれの特性に従い、有効に活用されていると思われます。

 それでは、次回をお楽しみに。

2017年2月 6日 (月)

牽く#2(2017.2.6)

20170206

 それでは、今日の一枚は、鉄道機械、今日も西武武蔵ヶ丘からです。

 写真の機械は、アント(アント形牽引車)、屋外でも使え、タイヤで平行移動も出来るものです(写真)。無い装備は無線運転位です。

 なお、連結器部分はピンで変更可能、高さも調節可能なようです。

 同形より、特徴の異なる各種の機械を取りそろえて使った方が、いろいろな状況に対応出来ます。統一しないことにも、メリットはあります。

 それでは、次回をお楽しみに。

2017年2月 5日 (日)

牽く#1(2017.2.5)

20170205

 それでは、今日の一枚は、鉄道機械、今日から再び西武武蔵ヶ丘からです。

 昨年3台纏めての写真は載せましたが、それぞれの写真を、その1年前に撮っていました。その画像です。

 フォークリフト大の大きさの機械に、正面にはピン切り替え式の連結器が装備されます(写真)。しかし一般的なフォークリフトのような後輪操舵式ではなく、前輪で操舵します。

 従来の機械の延長線上のものですが、使えるものは使うのが有効です。新開発は、手間がかかるもので、一般に高価です。

 それでは、次回をお楽しみに。

2017年2月 4日 (土)

全量検査(2017.2.4)

20170204kajusiken

 それでは、今日の一枚は、鉄道機械、今日もJR郡山からです。

 今日の機械は、門形の機械、台車の荷重試験機です(写真)。組み立てた台車に力をかけ、強度等の試験を行います。

 組み立てた台車は、全部この荷重試験を行い、確認します。そのため、台車の故障は起きないのでした。

 それでは、次回をお楽しみに。

2017年2月 3日 (金)

地を這う(2017.2.3)

20170203koriant

 それでは、今日の一枚は、鉄道機械、今日はJR東日本郡山車両センターからです。

 写真の機械は、車両牽引用のアント、屋内用の運転台屋根無しのタイプです(写真)。地べたに接した内燃機のみの牽引機械です。

 郡山の場内で使われる仮台車は電動で、自走可能ですが、補完的に使用されるようです。いざというときに役に立ちます。

 それでは、次回をお楽しみに。

2017年2月 2日 (木)

路面#2(2017.2.2)

2017020210

 それでは、今日の一枚は、鉄道機械、今日は横浜市電保存館からです。

 写真は電動貨車10です(写真)。昨日の都電乙2は木造で、ビューゲルは運転台後から伸びていましたが、今日の10は鋼製、ビューゲルは中央の支柱から立っています。ただ、二軸単車は同じです。

 こういう車両が残っているのは、良いことです。後世に、業務用の電動貨車があったと、伝えることが出来ます。

 それでは、次回をお楽しみに。

2017年2月 1日 (水)

路面#1(2017.2.1)

20170201aotsu2

 それでは、今日の一枚は、鉄道機械、今日は文京区からです。

 文京区本駒込の都電車庫跡に保存される、電動貨車「乙2」(写真)。保線用の資材を運搬しました。

 二軸単車の改造車、都電での現存はこれだけのようです。

20170201b

 反対側(写真)。悪戯か、ビューゲルが外れているのが分かります。

 柵のガードが完璧な同車には、ミラーレスは有効な選択手段です。

 それでは、次回をお楽しみに。

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ