« 蟻んこ(2016.6.12) | トップページ | 共通化(2016.6.14) »

2016年6月13日 (月)

後始末(2016.6.13)

20160613

 それでは、今日の一枚も鉄道機械、京急からです。

 かつてバラストの突き固めは、「突き固め音頭」でタイミングを合わせて人力でツルハシで突いており、その時代には一日で処理できる距離は知れていましたが、マルタイ(マルチプル・タイ・タンパ)の登場で、人力に近い精度で一晩で数百メートルを処理できるようになり、能率は飛躍的に上がりました。しかし、機械での処理であり、バラスト飛散なども発生し、現在はその処理をする機械を使用する鉄道会社が増えています。マルタイに付属機械を着ける会社もあれば、別の機械を使う鉄道会社もあり、まちまちです。

 京急は、そのための機械として、バラストフィニッシャーを使用しています(写真)。見てのとおりの構造の機械です。

 その、動画もありますが、頭越しであることから、あまり良いものではありません。動作をご確認下さい。

 やはり、機械は実用一辺倒であり、その構造どおりに動くものです。そこが面白い、というべきでしょうか。

 それでは、次回をお楽しみに。

« 蟻んこ(2016.6.12) | トップページ | 共通化(2016.6.14) »

今日の1枚」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2041743/65934720

この記事へのトラックバック一覧です: 後始末(2016.6.13):

« 蟻んこ(2016.6.12) | トップページ | 共通化(2016.6.14) »