« 庭先(2016.5.29) | トップページ | 孤高(2016.5.31) »

2016年5月30日 (月)

再生(2016.5.30)

20160530

 それでは、今日の一枚は、再び四国からです。

 瀬戸大橋線開業準備として、予讃線観音寺、土讃線琴平まで電化されましたが、その際に導入されたのが121系、全19編成38両が導入され、高松からの一般運用に就きました。MT46の111系と共に使用され、ローカル運用をこなしました。時期的には205系、211系と同時期で、ビード入り軽量ステンレスボディで保守性にも一定の考慮があります。現在第1編成からワンマン化が進んでいるらしく、第2編成まで帯色がピンクになっています(写真)。ますます省力化のようです。

 111系は引退しましたが、121系はまだまだ現役、今後の活躍が期待される車両です。やはりVVVF化して、他の一般形と併結出来るようにしたい、というのが本音でしょう。今後の汎用化にも期待です。

 それでは、次回をお楽しみに。

« 庭先(2016.5.29) | トップページ | 孤高(2016.5.31) »

今日の1枚」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2041743/65759361

この記事へのトラックバック一覧です: 再生(2016.5.30):

« 庭先(2016.5.29) | トップページ | 孤高(2016.5.31) »