2017年6月28日 (水)

不定期路線#3(2017.6.28)

20170626kiya974104r4

 それでは、今日の一枚は、鉄道機械、今回も名古屋東臨港線からです。

 先回のP3編成に続き、P4編成、キヤ97 4と104のペアが、入換、レールセンターへと入場します(写真)。

 4両同時に入れれば良いのですが、折り返し線の有効長が3両分しか無く、牽引4両時には切り離して入れる必要があります。

 また、キヤ97が自走して入線すれば良いのでは、とも思うのですが、これは貨物列車、甲種輸送と同じ扱いのようです。

 その、入換の動画です。確かに、手間がかかります。また、スイッチバックが必要なのが、無駄といえば無駄です。

 それでは、次回をお楽しみに。

2017年6月27日 (火)

不定期路線#2(2017.6.27)

20170625kiya973103r3

 それでは、今日の一枚は、鉄道機械、今日も名古屋東臨港線からです。

 DE10が牽いていたのは、キヤ97、手前2両は3と103のペア、P3編成です(写真)。レール用チキ車に運転台とエンジンを積んだような形の車両です。

 この日は、2編成4両を牽引、通常より長い編成で、正に「一粒で二度美味しい」でした。運が良い。

 それでは、次回をお楽しみに。

2017年6月26日 (月)

不定期路線#1(2017.6.26)

20170624de101723

 それでは、今日の一枚は、鉄道機械、今日は名古屋東臨港線からです。

 毎週火、木、土の週3回、稲沢発の貨物列車が通り、終点名古屋港近くのJR東海レールセンターまで、かつてはチキ車を牽いていました。牽引機は、DE10 1723、JR更新色のカマです(写真)。

 牽引するのは、現在はキヤ97ですが、それは明日以降のネタです。もう少し、お待ち下さい。

 それでは、次回をお楽しみに。

2017年6月25日 (日)

Circle#2(2017.6.25)

20170622

 それでは、今日の一枚は、鉄道機械、今回は引き続き愛知環状鉄道です。

 中心駅の1つ、北野桝塚でしょうか、複線2面4線出来る用地に、保線機械の車庫があり、モーターカーが停まります(写真)。先回のものと同形、同時期に購入したと思われます。こちらは、レール用トロを牽引しています。やはり警戒の黄色で、夜間作業の安全が考えられています。

 しかし、新しい鉄道会社と思っていたら、もう30年近くになり、車両も2代目の2000形がデビューして10年以上、時の移り変わりを感じます。万博も、何時だったか。

 それでは次回をお楽しみに。

2017年6月23日 (金)

Circle#1(2017.6.23)

20170621

 それでは、今日の一枚は、鉄道機械、今日からは愛知環状鉄道からです。

 瀬戸口の駅に留置される、1両のモーターカー(写真)。10tか15tクラスと思われます。バラスト用トロが2両繋がれています。

 万博時の輸送力増強で、八草以北はかなり手を加えていますが、JR直通列車も廃止となり、また、静かな日々が戻りつつあります。車があまりに手軽で、なかなか難しいです。

 それでは、次回をお楽しみに。

2017年6月22日 (木)

フルキャスト(2017.6.22)

20170620

 それでは、今日の一枚は、鉄道機械、今日はJR呉線竹原からです。

 写真は、いわゆる「プラッサーマルタイ」です(写真)。しかし、後に2両機械を連結しており、推定で、バラストスウィーパーと、バラストフィニッシャーが繋がれていると思われます。

 マルタイで、乗り心地は改善されますが、その後のことを考えると、後処理の機械も欲しくなります。バラスト道床である以上、保線は必要、やはり人力後処理は大変です。

 それでは、次回をお楽しみに。

2017年6月20日 (火)

緊急用(2017.6.20)

20170619de101202

 それでは、今日の一枚は、鉄道機械、今日は木更津からです。

 落成間もないキハE130 100番代と、並んで建屋に入る、DE10 1202(写真)。久留里線用と思われ、貨物とは考えられないので、工臨と、緊急時の救援が主な仕事のようです。

 JR貨物では、DE10最終全検が終わり、こちらもあと6年の命です。それ以降も、同機は維持されるのか、それとも代替機があるのか。運用実績から考えると、どちらも難しそうです。

 それでは、次回をお楽しみに。

2017年6月19日 (月)

軌道か鉄道か(2017.6.19)

20170618akeishinrailmotor

 それでは、今日の一枚は、鉄道機械、今日は京阪電鉄京津線四宮車庫からです。

 駅の北側に広がる車庫に、レール用トロと、モーターカーが停まります(写真)。トロの間は長く、長尺のレールも運搬出来そうです。

20170618b

 その先端には、モーターカーが繋がれます(写真)。大型のモーターカー、長編成を牽く車両です。

 かつては、京阪三条から道路の併用軌道を走った京津線。それが山科までは、地下鉄と軌道を共用し、専用軌道となっています。しかしその先は、専用軌道が大半ですが、浜大津手前で併用軌道となり、鉄道形車両の併用軌道を走る姿が見られ、壮観です。その保線も、鉄道と軌道では異なるものでした。

 それでは、次回をお楽しみに。

2017年6月18日 (日)

一両(2017.6.18)

20170617kinkashiharamotor

 それでは、今日の一枚は、鉄道機械、今日は近鉄橿原神宮前からです(写真)。

 橿原神宮前、軌間が狭軌の側に停まるモーターカー(写真)。凸型の大型の機械で、電車の編成も牽けそうなほど大きく、25t級でしょうか。棒連結器に自動連結器も装備します。

 台車交換時の牽引車なら密着連結器でしょうから、自動連結器はやはり保線用。重連総括で遠隔操作もできそうです。南大阪線でロングレールを使用するかどうかは知りませんが、長編成のレール運搬車も牽けそうです。

 たった一両の機械ですが、用途を考えるのは、興味深いです。明日は、何処でしょうか。

 それでは、次回をお楽しみに。

2017年6月17日 (土)

今は亡き(2017.6.17)

20170616dl106

 それでは、今日の一枚は、鉄道機械、今日は紀勢本線鵜殿からです。

 かつて、「紀勢貨物」「鵜殿貨物」と呼ばれた、貨物列車がありました。鵜殿から専用線を通って繋がる製紙工場への送り込み及び輸送のための列車で、昼間走る貨物列車として、DD51と共に撮影者の多い列車でした。

その、鵜殿から、専用線を牽くのは、以前は白いスイッチャーでしたが、末期にはこのDL、DL-106が専用線を牽引しました(写真)。専用線には国道42号を渡る踏切もあり、撮り方はいろいろでした。

 しかし、この列車は、海上輸送及び高速道路網の発展に伴い、また牽引機の老朽化で廃止となってしまいました。残念です。

 それでは、次回をお楽しみに。

«尼崎#2(2017.6.16)